[pattern]

Ryusui
(Mizuasagi)

Using Ryusuimon, a characteristic pattern from the Yayoi period, this design depicts flowing water by means of rhythmic undulations of the pattern which are reminiscent of the Seigaiha (blue ocean wave) pattern. Using blue-green Mizuasagi and a high-brightness silver Shirogane-iro, Ryusui expresses a fresh, transparent flow of water. The colors, with a feel of tradition and class, bring to life a sophisticated world view with freshness and Japanese modernism.

Ryusuimon is said to be the oldest among all mon patterns inspired by water. This pattern decorates pottery, bell-shaped bronze wares, and even wooden products from the Yayoi period, with implications of grace and valiance.

弥生時代の代表的な文様である流水文〈りゅうすいもん〉をモチーフに、青海波〈せいがいは〉文様のようにリズミカルに配置して水が流れるような情景をデザイン。青みに近いブルーグリーンの水浅葱〈みずあさぎ〉と、高明度シルバーの白銀色〈しろがねいろ〉を使い、瑞々しく透明感のある水の流れを表現しました。伝統と気品を感じさせる色によって、爽やかなイメージと和モダンの洗練された世界観を表しています。

水をモチーフにした文様のなかでも最古といわれている流水文。弥生時代にはその文様が土器、銅鐸、木製品にも施され、「優美」「勇壮」といった意味合いが込められているといわれています。